ブログで長文が書けない5つの原因

アフィリエイト・ブログ

【テンプレート有り】ブログで長文が書けない5つの原因【書き方の手順】

悩み人
ブログで長文が書けなくて悩んでいます。ライバルブログを見るとみんな長文を書けていてすごいな〜と思っちゃいます。書けない原因ってなんなのでしょう?

こちらの疑問を解決します。

本記事では、ブログで長文を書けない原因だけではなく、コツや解決策も合わせて紹介します。

  • 文字数が1000文字以上の記事が書けない・・・。
  • 長文が書けないから全然アクセスが集まらない・・・。
  • 長文の記事を書いて稼げるようになりたい・・・。

このような悩みを抱えている方は、本記事を参考にして実践してみてください。

この記事を書いた人

kotaroweb

Twitter(@kotaro__web)フォロワー1,000人を目指し中

先に結論を言うと、ブログの長文は構成次第で決まります

逆にしっかり記事の構成を考えれば、誰でも長文を書くことが可能です。

ブログで長文が書けない時の6つのコツと解決策

※「長文の記事の書き方」を先に読む!

こたろう
ブログを始めたての時は、長文を書くのが難しいですよね。しかし記事の構成を行うことで、あなたも長文の記事を書き、アクセスと収益を伸ばすことができるようになります!

ブログで長文が書けない5つの原因

ブログで長文が書けない5つの原因

ブログで長文が書けない原因を紹介します。

長文が書けない原因がわかると、あなたが今すぐ改善すべきことがわかります。

  • 見出しを作っていない
  • 見出しの数が極端に少ない
  • 読者が求める情報を勉強していない
  • 読者の悩みを解決したいと本気で思っていない
  • テンプレートを元に記事を書いていない

ブログで長文が書けない原因を、こちらの順番で解説していきます。

原因①:見出しを作っていない

ブログの長文が書けない原因は、見出しを作っていないからです。

見出しを作らないと書くべき内容が決まらないので、情報が薄く文字数が少ない記事になってしまうからです。

悩み人
見出しを作ると、長文を書けるようになるのかな?

仮に、「ブログ アクセス 集まらない」で記事を書くときに、見出しを付けないと、アクセスが集まらない原因を適当にまとめる記事になってしまいます。

しかし以下のように見出しをつけることで、書くべき記事の内容を決めることができます。

  • キーワード選定をしていない
  • 読者のためになる記事を書いていない
  • ブログの記事数が極端に少ない

このように見出しを作ることで書くべき内容が決まるので、文字数を増やすことができますね。

ブログで長文を書きたいなら、まずは見出しを作成しましょう。

関連記事【完全マニュアル】SEOキーワード選定のやり方と手順【初心者必須】

こたろう
記事を書く前に、見出しを作ることを優先しましょう!

原因②:見出しの数が極端に少ない

見出しを作っているのに長文が書けないのは、見出しの数が極端に少ないのが原因です。

見出しの数だけ文章を書けるので、極端に少ないと長文の記事を書くのは不可能になります。

悩み人
なるほど、見出しの数だけ文字数を増やすことができるのですね!

仮に、以下のような見出しのだと、長文を書くことは難しいです。

長文を書くのは難しい

  • h2:ブログにアクセスが集まらない原因
  • h2:ブログにアクセスを集める方法

このように見出しが極端に少ないと、文字数を増やすことができません。

以下のように見出しを増やすことで、長文を書くことができるようになります

長文が書けるようになる

  • h2:ブログにアクセスが集まらない原因
  • h3:キーワード選定をしていない
  • h3:読者のためになる記事を書いていない
  • h3:ブログの記事数が極端に少ない
  • h2:ブログにアクセスを集める方法
  • h3:キーワード選定をしてから記事を書く
  • h3:定期的に記事を書く
  • h3:文字数を増やす

こんな感じで見出しを作ることで、ブログで長文が書けない!ということはなくなります。

仮に1つの見出しで300文字書くとしても、見出しが多い方が文字数が増えますよね。

こたろう
ブログで長文が書けないなら、見出しを増やしましょう!

原因③:読者が求める情報を勉強していない

ブログで長文が書けない原因は、読者が求めている情報を勉強していないからです。

見出しを作っても読者が求める情報を勉強していないと、見出しごとに書ける文字数が増えませんよね。

悩み人
確かに、映画を観た人とあらすじを軽く読んだ人では、書ける文字数が変わりますよね!

仮に「ブログ アクセス 集まらない」で記事を書くなら、ブログにアクセスが集まらない原因や解決策を勉強すべきです。

読者が求めている情報を勉強して記事にすることで、長文の記事を書くことができるようになります。

こたろう
長文が書けないのは、勉強不足の可能性が高いです!

原因④:読者の悩みを解決したいと本気で思っていない

ブログで長文が書けない原因は、読者の悩みを本気で解決したいと思っていないからです。

読者の悩みを本気で解決しようと思ったら、様々なデータや経験談を交えた方を入れるべきなので結果的に長文になるのです。

悩み人
適当に記事を書いてブログで稼ごう!と思っていると、なかなか長文が書けないということですね!

仮にブログに書く内容がネットで調べただけの情報と、様々なデータや体験談を交えた情報だと後者の方が読者のためになります。

「ブログ アクセス 集まらない」を例に挙げると、アクセスが集まらない原因だけではなく、あなたがアクセスが集まらなかった時の体験談を入れた方が長文になります

読者の悩みを本気で解決するには、それなりの文字数が必要になるのです。

こたろう
読者は何で悩んでいて将来どうなりたいのか?を明確にすることで、長文の記事を書けるようになりますね!

原因⑤:テンプレートを元に記事を書いていない

ブログで長文を書けない原因は、テンプレートを元に記事を書いていないからです。

テンプレートを元に記事を書くことで、ブログで長文を書くことが簡単になるのです。

悩み人
具体的にテンプレートってどんなものかな?

僕だけではなくブログで稼いでいる人は、PREP法で記事を書いています。

PREP法とは?

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

こちらのテンプレートを使うことで、ブログ初心者でも長文を書くことができます。

PREP法を使った例文は、以下のようになります。

  • Point:ブログ記事を書いてもなかなかアクセスが集まらないのであれば、記事を書く前に必ずキーワード選定をする必要があります。
  • Reason:なぜならキーワード選定をしないと、読者の悩みを明確にできないので解決する記事が書けないからです。
  • Example:例えば「iPhone 最安値」で検索する人は、iPhoneの最安値を探している人なので、キーワード選定をすることで最安値で購入できる方法をを書くことができますよね。
  • Point:だから、ブログ記事書いてもアクセスが集まらないのであれば、記事を書く前に必ずキーワード選定をしましょう。

こんな感じでテンプレートを使うことで、ブログの文字数を増やすことができます。

上記のような簡単な文章で約250文字なので、ブログ初心者でも見出しを増やすことで3000文字〜5000文字を書けるようになります。

関連記事【完全保存版】ブログ記事の書き方徹底マニュアル【初心者からプロ並み】

こたろう
ブログ記事はPREP法を使って書けるようにしましょう!

ブログで長文が書けない時の6つのコツと解決策

ブログで長文が書けない時の6つのコツと解決策

ブログで長文が書けない時のコツと解決策を紹介します。

  • 記事構成をじっくり考える
  • テンプレートを頭に入れて書く
  • 顕在ニーズと潜在ニーズを満たす
  • ヘタクソでも記事をたくさん書く
  • 稼いでいる人の記事を真似てみる
  • Webライターとして稼いでみる

長文が書けない時は、こちらで紹介しているコツを試してみてください。

コツ①:記事構成をじっくり考える

ブログで長文が書けない時は、記事の構成を時間をかけて考えましょう。

記事の構成を考えることで、書くべき内容をはっきりさせることができるからです。

記事内容をはっきりさせるべき理由は、以下の通りです。

  • 読者の悩みを明確にできる
  • 見出しを作成できる
  • 調べるべき内容がはっきりする

これらのメリットがあります。

悩み人
記事を書く前に構成を考えるのは、かなり大事なんですね!

記事構成の考え方

  1. キーワード選点をする
  2. 読者の悩みを考える
  3. 競合ブログをチェックする
  4. タイトルと見出しを考える
  5. 記事を書く

ブログで長文が書けない時は、こちらの順番で記事構成をしてください。

記事構成をすると長文が書けるだけではなく、スラスラ文章を書けるようになります。

こたろう
記事を書く前に構成を考えましょう!

コツ②:テンプレートを頭に入れて書く

ブログで長文が書けないなら、テンプレートを頭に入れてから書くようにしましょう。

テンプレートを頭に入れて記事を書くことで、長文が書けるだけではなく時間をかけずに執筆できます

悩み人
テンプレートはさっき紹介したPREP法のことですね!

PREP法とは?

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

こちらのテンプレートを使うことで、ブログ初心者でも長文を書くことができます。

最初は慣れないかもしれませんが、記事は書けば書くほど慣れてきます

こたろう
見出しごとにPREP法を使って記事を書いていきましょう!

コツ③:顕在ニーズと潜在ニーズを満たす

ブログで長文が書けないなら、読者の顕在ニーズと潜在ニーズを満たすことを意識しましょう。

顕在ニーズと潜在ニーズを満たす記事が書ければ、長文をかけるだけではなく読者のためになる記事を書けるからです。

悩み人
顕在ニーズと潜在ニーズを具体的に教えてください・・・。
  • 顕在ニーズ:読者自身が分かっている悩み
  • 潜在ニーズ:読者自身が分かっていない悩み

仮に「ブログ アクセス 集まらない」で検索する人の顕在ニーズと潜在ニーズは、以下の通りになります。

「ブログ アクセス 集まらない」の場合

  • 顕在ニーズ:ブログにアクセスを集まらない原因
  • 潜在ニーズ:ブログにアクセスを集める具体的な方法

「ブログ アクセス 集まらない」で検索する人は、アクセスを集まらない原因を探しています。(顕在ニーズ)

しかし、アクセスを集めて何をしたいのか?を考えると、具体的にどうやってアクセスを集め方を探しています。(潜在ニーズ)

ブログで長文が書けないなら、顕在ニーズと潜在ニーズを満たすための見出し作りから始めましょう

こたろう
読者の顕在ニーズと潜在ニーズを満たせれば、長文の記事を書けるようになります!

コツ④:ヘタクソでも記事をたくさん書く

ブログで長文が書けないなら、ヘタクソでもいいので記事をたくさん書いてみましょう。

「石の上にも三年」というように、長文記事もすぐに書けるようにはならないのです。

悩み人
とにかくテンプレート通りに、たくさん記事を書いてみるということですね!

例えば、やり方がわからず適当に記事を書いても、記事を書くスキルは上がりません。

しかし以下のポイントを抑えて記事を書くことで、だんだんと長文を書くことができるようになります

  1. キーワード選定をする
  2. 読者のニーズを考える
  3. 競合ブログをチェックする
  4. タイトルと見出しを作成する
  5. テンプレート通りに記事を書く

こちらの順番でたくさん記事を書いてみましょう。

こたろう
最初から完璧な文章は書けないので、徐々にライティングスキルを向上させましょう!

コツ⑤:稼いでいる人の記事を真似てみる

ブログで長文が書けないなら、稼いでいる人の記事を真似て記事を書いてみてください。

すでに稼いでいる人の記事はGoogleに評価されているので、真似して書けばスキルが向上するからです。

悩み人
具体的にどんな感じで、稼いでいる人の記事を真似ればいいのかな?

例えば上位表示されている記事の内容を、あなたのパソコンのメモ帳にそのまま書いていきます。

  • キーワードに対してどんな見出しをつけているか?
  • 1つの見出しの文字数は?
  • 文章の流れは?

このように読んだだけではわからないことを、実際に真似て記事を書いてみると気付けるポイントがあります

当たり前ですが、真似た記事はあなたのブログに投稿してはいけません。

Googleからペナルティを受ける可能性があるので、長文を書く練習という意味で稼いでいる人の記事を真似てみましょう。

こたろう
実際に稼いでいる人の記事を真似て書いてみると、自分の文章と全然違うことがわかるので、新たな発見があるはずです!

コツ⑥:Webライターとして稼いでみる

ブログで長文が書けないのであれば、Webライターとして稼いでみるといいでしょう。

Webライターとして実際に稼ぐと、クラインアントによりますが記事の書き方を教えてくれるからです。

悩み人
お金をもらっていると言う責任感から、半強制的に自ら記事の書き方を学ぼうとするかもしれませんね!

僕のおすすめは自分でブログを運営しながら、Webライターとしても稼ぐ方法です。

とにかく記事を書く機会を作ることで、ブログで長文を書けるようになってきます。

こたろう
ブログ運営×Webライターは、ライティングスキルがかなり向上します!

ブログ記事を絶対に上位表示させる書き方の3つの手順

ブログ記事を絶対に上位表示させる書き方の3つの手順

ブログ記事を上位表示させるための、記事の書き方の手順を紹介します。

  • キーワードから読者の悩みを考える
  • ニーズを見出しにする
  • テンプレート通りに記事を書く

上位表示させる記事の書き方を、順番に解説していきます。

手順①:キーワードから読者の悩みを考える

記事を上位表示させたいのであれば、必ずキーワード選定をして読者の悩みを明確にしましょう。

キーワード選定して読者の悩みを明確にすることで、記事にすべき内容が自然と決まるのです。

悩み人
記事すべき内容が自然と決まる?具体的に教えてください・・・。

仮に「ブログ 収益化 期間」を選定したら、顕在ニーズと潜在ニーズを考えます。

  • (顕在)ブログを始めたけど収益化されるまでどのくらいかかるのかな?
  • (顕在)ブログで収益化できる人の特徴は?
  • (潜在)出来るだけ早く収益化させたい!

キーワード選定をすることで読者の顕在ニーズと潜在ニーズを明確にすることができるので、自然と記事内容が決まりますね。

読者のニーズを完全に満たす記事を書くことが、長文を書くよりも上位表示させるために重要です。

こたろう
長文を書くことも大事かもしれませんが、読者のニーズを満たす記事を書けるようになりましょう!

手順②:ニーズを見出しにする

記事を上位表示させたいのであれば、読者のニーズを元に見出しを考えましょう。

読者のニーズを元に見出しを考えることで、読者のための記事を書くことができるからです。

悩み人
具体的に読者のニーズから、どうやって見出しを作ればいいのかな?

仮に「ブログ 収益化 期間」の顕在ニーズと潜在ニーズを考えたら、以下のような見出しが考えられます。

  • (顕在)ブログを始めたけど収益化されるまでどのくらいかかるのかな?→「ブログの収益化までの期間はどれくらい?」
  • (顕在)ブログで収益化できる人の特徴は?→「ブログで収益化できる人の特徴」
  • (潜在)出来るだけ早く収益化させたい!→「ブログで最短で収益化させるためのコツ」

こんな感じで読者のニーズを元に、見出しを作ることができます。

キーワード選定→読者のニーズを考える→見出し作成、こちらの順番を徹底しましょう。

こたろう
読者の悩みを明確にして、その答えを確実に記事内容に盛り込みましょう!

手順③:テンプレート通りに記事を書く

記事を上位表示させたいなら、テンプレート通りに記事を書いていきましょう。

Googleが好む記事のテンプレートがあるので、自分オリジナルで文章構成を考える必要はないからです。

悩み人
本記事でなんども登場しているPREP法を使って記事を書けばいいんですよね!

PREP法とは?

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

ブログで長文を書けるようになるには、記事を書く前の準備が超大事です。

上位表示されるかは記事を書く前で決まるので、読者は何を求めているか?を考えテンプレート通りに記事を書いていきましょう。

こたろう
ブログで稼げるかは、記事を書く前で決まります!

ブログで長文が書けないのには必ず原因がある!

ブログで長文を書けない原因と解決策をまとめました。

結論、ブログで長文が書けないのであれば、記事を書く前の準備に時間を使うべきです。

記事を書く前の準備次第に時間をかけると、長文が書けるだけではなく、上位表示される記事を書くことが可能です。

関連記事【完全保存版】ブログ記事の書き方徹底マニュアル【初心者からプロ並み】

こたろう
ブログで長文が書けない時は、記事を書く前の準備に時間を使いPREP法で記事を書けるようになりましょう

 

SEO対策済みのブログが誰でも作れる!
ブログが楽しくなるWordPressテーマ「AFFINGER6」

 
僕がAFFINGER6を購入した5つの理由

  • 誰でも綺麗でカッコいい自分だけのブログを作れる
  • 月収100万円以上稼ぐブログガーも愛用
  • ブログ記事の表示速度が向上
  • 当ブログ限定の特典付き

\僕がブログ開設4ヶ月で収益5桁達成したWordPressテーマ/

 

実際に当ブログは「AFFINGER6」を使用中です

  • この記事を書いた人

コタロウ

【ブログ×Webライターで1万円を達成する戦略を発信】ブログ収益が累計300万円突破|ブログを67万円で売却成功|NFT買ってみた|初月からWebライターで6万円達成|→2022年8月22日からWebライター再開→開始2週間で43,780円